悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

契約違反

契約違反をされたら  

^稟燭鯀枋蠅靴新戚鷭颪  

契約書の作成にあたっては、契約内容はもちろん、契約違反したときの対処も具体的に明記することです。
損害賠償請求の中身まで良く詰めて、当事者間で認識を共有する必要があります。

契約解除か履行を待つか  

例えば、スーパーが卸業者から商品を仕入れる契約をしていたが、スーパーの資金繰りが悪化し、売掛金がストップした場合、卸業者はどのように対処すべきか。

既に納品していても、当該商品の商品価値が高く、他にも多数の買い手がある場合や、代金支払の可能性が低い場合は契約を解除すべきです。

しかし、商品を回収すればスーパーも営業に支障をきたす為、トラブルになる危険があります。
代金を支払って貰える可能性があるなら、契約解除をせず、催告で済ませることもひとつの手段です。

7戚鸛蠎蠅悗力⇒蹐内容証明郵便を利用する。  

相手方に契約解除等の意思表示をする場合、民法(67条)は「相手に到達した時から効力を生ずる」と規定しています。

しかし、郵便配達のミスなどを理由に、相手に「届いてない」等と否定される危険があります。
これを未然に防ぐためにも、「配達証明付」の内容証明にすべきです。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional