悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

公正証書とは

公正証書とは    

公正証書とは何か? 一言でいえば嘱託人(依頼者)の嘱託(依頼)により、その嘱託人から内容を聞いて、公証人が作成する書類です。
公正証書の特色は、金銭債権については公正証書の中に「強制執行をしても結構ですよという文言(執行認諾約款)」さえあれば、その公正証書に基づいて強制執行ができるという点です。
逆にいえば、金銭債権以外については、強制執行はできないということです。
つまり、土地建物の明け渡しなどは、たとえ公正証書があっても、それでは強制執行はできません。


公正証書のメリット    

公正証書には、次のメリットがあります。
ゞ眩の支払いについては、公正証書にしておけばいきなり強制執行できる。
公正証書は裁判のときに有力な証拠となる。
公正証書を紛失しても、原本が公証人役場に保管されている。


公正証書の利用状況    

実際には、どんな契約書に公正証書が利用されているかと言うと
〆通崖稜А癖杠僉
遺言
消費貸借
つ詑濕
ナ歉攬兮
の順となっており、この5つの法律行為で全体の90%を占めています。
なかでも債務確認および弁済契約書の作成に公正証書が広く利用されています。


狭義の公正証書    

普通、公正証書の法律上の用語としては「広い意味」と「狭い意味」に使用されており、広い意味の公正証書は、「公証権限のある公務員が一定の事項につき、公に証明する目的で作成した一切の文書」を指します。
刑法157条に公正証書原本等不実記載罪という長ったらしい犯罪が規定されていますが、これは公務員に虚偽の申立をして登記簿や戸籍簿等の公正証書の原本に不実の記載をさせる犯罪ですが、ここに言う戸籍簿・住民票・登記簿の原本などは、広い意味の公正証書に当たります。
「狭い意味」の公正証書は、公証人が公証人法等に従い作成した文書を言います。
今、説明している公証人が作成する公正証書は「狭い意味」の公正証書です。


公正証書にできる文書    

公証人は、当事者の依頼・説明がなされても、それが
)[瓩飽稟燭靴浸項
¬妓の法律行為
9坩拉塾呂寮限によって取り消すことができる法律行為
であるときは、公証人法で禁じられています。
要するに違法又は無効な内容の公正証書は作れませんが、その内容が合法かつ有効であり、当事者が行為能力を制限されていない場合は、全て公正証書を作成できます。


地元の行政書士を有効に活用しましょう。            

私たち行政書士は、決して正直者が馬鹿を見ることが無いよう、皆様の様々な問題解決に取り組んでいます。
どのようにすれば問題を早期解決することができるのか、ご提案致します。
問題が発生した時は、お早めに相談していただくことが問題解決への近道です。

中央が私(村上)

消費者問題や日々の暮らしで困ったら、お気軽にご相談下さい。貴方のトラブルを解決いたします

  広島県行政書士会広島支部所属
     行政書士   村上 陽一



写真中央が私(村上)です。
両サイドの2人は小中学校の同窓生です。
2008年3月、私の故郷で撮影して頂ました。




a:5748 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional