悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

行政書士の職務

私たち行政書士は、日常の貴方のトラブルを解決します。  

水仙

日々の暮らしでトラブルが発生したら、まずは、お近くの行政書士にご相談ください。  
行政書士は、悪質商法やクレジット・サラ金問題のみならず、各種契約書類をはじめ、相続・遺言協議離婚、交通事故など、日常の法律事務に関する幅広いサポートを職務としています。
クーリング・オフの通知は所定の期間内に発信しなければ効力を失うため、素早い対応が必要です。


行政書士は、国家資格を有する法律家です    

行政書士の仕事をするには「国家資格」が必要です。
資格の無い者が行政書士の業務を行うことは法律で禁じられています。


行政書士は、あなたの身近な法律家です    

行政書士は弁護士・司法書士と並ぶ法律専門の有資格者です。
行政書士が取扱う業務は極めて広範囲に及びます。
個人・法人を問わず、あなたの身近な法律家として安全で安心な生活をサポートします。


行政書士は、法律書類作成のプロです    

権利義務・事実証明に関する書類(内容証明・各種契約書等)の作成および提出は、行政書士の本来業務です。

弁護士は裁判という形で発生したトラブルを「事後的に解決」する側面が強いのに対して、行政書士は「事前に解決」する予防的業務を担っています。


行政書士は、様々な問題の解決に取り組んでいます。    

どうすれば問題を早期解決することができるかを提案します。
問題が発生した時は、お早めに相談していただくことが問題解決への近道です。


法律による守秘義務であなたの秘密を厳守します    

私たちは行政書士法(12条)で「守秘義務」が課されています。
そのため、ご依頼の秘密は堅く厳守しますので安心してご相談ください。


行政書士とは  

ここをクリックしてみてネ〜日本行政書士連合会の公式サイトです。


ご注意  

行政書士は、弁護士法・司法書士法等に抵触する次の行為はできません。

  • 事件当事者との直接交渉は出来ません。
  • 法務局への登記行為はできません。
  • 調停や裁判に同席することはできません。
  • 司法機関(裁判所)に提出する書類作成はできません。



樹海


トップに戻る



a:4697 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional