悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

自筆証書遺言

自筆証書遺言  

自筆証書遺言はいつでも好きなときに作れる最も簡単な遺言書です。
ただし、法的に効力のある遺言とするためには、一定の要件を満たす必要があります。

自筆証書遺言の形式  

^筝製颪里垢戮討遺言者の自筆によるものであること。

代筆、PCやタイプライターによる遺言は無効です。

∈鄒日付を正確に書くこと。

 年月日の記載のない遺言は無効となります。また、「○年○月の吉日」などの記載も日付を特定できないため無効とするのが判例です。「○○年文化の日」など日付が特定できれば有効と解されます。

0筝声圓署名、押印すること。

 後日のトラブルとならないよう、戸籍どおりに姓名を自署してください。また押印は、三文判でも有効ですが、トラブル防止の意味からも実印のほうが安心です。

ぐ筝製颪2枚以上になったときは、偽造や変造を防ぐためにホチキスなどでまとめ、署名の下の押印と同じ印鑑を使用して契印あるいは割印をする。

グ筝世瞭睛董特に財産の特定は、わかりやすく正確に書くこと。

 例えば、いくつもの建物を所有している人が、「自宅は○○に相続させる」と遺言した場合、どの不動産を指しているのか判明せず、争いになることがあります。こういう問題は、自筆証書遺言の場合、特に多く発生しています。不動産であれば登記簿記載どおりに記載し、預金の場合は支店名及び口座番号を記載し、後日争いにならないようにしなければなりません。

Π筝斉睛討琉貮瑤鯆正するために加入、削除、訂正を行うには、厳格で複雑な規定に従って行う必要があります。

 次の方法に沿っていない場合には、訂正は無効となりますので、重要な変更があるときは新たな遺言を作成したほうが安全です。

  • ア.遺言書の訂正箇所に、加入の場合は{ のしるしを付け、削除・訂正の場合は原文が判読できるように二本線で消して、正しい文言を記入する。
  • イ.変更した箇所に、遺言書に押印した印鑑で押印する。
  • ウ.変更した部分の欄外に「本行○字加入○字削除」というように付記するか、遺言書の末尾に「本遺言書第五項第四行目『○○○』とあるのを『○○○』と訂正した」などのように付記する。
  • エ.付記した箇所に、遺言者本人が署名する。

夫婦であっても必ず、別々の遺言書を作成する。

 民法では、遺言は「2人以上の者が同一の証書でこれをすることができない」と規定しています。共同名義の遺言は無効となります。単独の遺言書を作成して下さい。

自筆証書遺言の長所・短所  

長所  

  • 誰の立会いも無く、何時でも費用をかけずに作成できる。
  • 他人に知られずに作成できる。

短所  

  • 方式に欠ける等、無効な遺言内容となく畏れがある。
  • 筆跡が自筆か疑われる危険がある。
  • 遺言書が隠匿・破棄・変造される危険がある。
  • 発見時には検認の手続きが必要。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional