悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

相続開始時期

相続の開始時期はいつ?  

民法882条は「相続は死亡によって開始する。」と規定しています。
相続の開始は、被相続人が死亡と同時に共同相続人がその持分に応じて相続します。
遺産分割は、その後のことです。

死亡とみなされる場合  

次の失踪宣告が出された時は、死亡とみなし相続を開始できます。

  • 普通失踪(蒸発等)=7年以上所在不明の場合、家庭裁判所に申請。
  • 特別失踪(戦争等)=危難が去って1年以上生死不明の場合、家庭裁判所に申請。

同時に死亡したときの相続は?  

死亡の時期に関して問題となるのは、親と子、或いは夫婦が、同一の交通事故等で死亡し、死亡時間の先後が不明の場合です。

例えば親が子より先に死亡したのであれば、死亡した子は親の財産を相続できるので、子の配偶者や孫が親と子の両方の財産を相続できます。

一方、子が先に死亡し配偶者や孫がいない場合は、子の財産を親が相続し、その親の死亡により親の親(祖父母)或いは親の兄弟が親の配偶者と一緒に相続することになります。

このトラブルを解消するため、昭和37年に「同時死亡推定」の規定が設けられています。
同時死亡と推定し、死者間での相続は発生しないとされたのです。(32条の2)

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional