悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

代襲相続人

代襲相続  

代襲相続とは、被相続人が死亡するよりも先に相続人が死亡したこと等により、その相続人の直系卑属が相続人に代わって相続することです。
※相続人に代わって相続することを「代襲相続」といいます。
代襲相続する人を「代襲者」といいます。

代襲者になれる人  

〜蠡蛙佑了辧僻鐐蠡蛙佑ら見て孫)
 ※孫、曾孫(ひまご)、玄孫(やしゃご)と続きます。
被相続人の兄弟姉妹の子(被相続人から見て甥や姪)
 ※甥、姪までです。

代襲者になれない人  

 被相続人の直系尊属(被相続人の親)

代襲原因  

相続開始以前の死亡・相続欠格・廃除の3つの場合に限定されます。
相続人は相続放棄した場合は代襲相続は生じません。
親と子の同時死亡の推定の場合は、子が親の相続開始以前に死亡した場合にあたるので代襲相続が生じます。

代襲相続の効果  

代襲者が被代襲者に代わって相続します。
代襲相続人が複数いる場合は、各自の相続分は、法定相続分の原則に従って決められます。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional