悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

同時存続の原則

同時存在の原則  

相続法上、推定相続人または受遺者は、被相続人の死亡時(相続開始時)に存在していなければならないという原則が認められています。
これを「同時存在の原則」と言います。

従って、被相続人の死亡時以前に死亡した推定相続人は、相続人になることはできません。
もっとも、法定相続の場合には、推定相続人の子が相続人となる代襲相続の制度があります。

しかし、遺言の場合、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、遺言そのものの効力が生じないこととなります。



a:3711 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional