悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

内容証明の書き方

内容証明郵便の書き方    

内容証明郵便は、受取人が1名の場合でも、同じ内容の文面の手紙を3通作成します。
郵便局は、その内の1通は受取人に送り、1通を局に保管し、もう1つは差出人に返してくれます。
同じ内容の文面を複数の相手に送る場合は、「相手の数プラス2通」を用意します。

作成上の注意事項    

ヾ岼磴┐討眦渦鵑任ないため、事実確認をしっかり行うことです。
⇒絞惷匹忙参する封筒の差出人と受取人とが一致する必要があります。
K槝世亡愀犬量気ね招廚覆海箸狼載しない。
て睛討牢雰蕕北棲里傍載し、曖昧な表現をしない。

文字数の制約    

1枚の用紙に書ける文字数は制約があり、
縦書きの場合は、1行20文字以内、用紙1枚に26行以内
横書きの場合は、
  。厩圍横以源以内、用紙1枚に26行以内
  ■厩圍横曲源以内、用紙1枚に20行以内
  1行13文字以内、用紙1枚に40行以内
の3タイプがあります。
要するに用紙1枚に520文字以内となっています。

句読点や括弧も1文字にカウントします。
記号(+、−、%、=)も使用できます。
差出人の印鑑は、三文判でも構いません。

(料金)    

(現顳泳隋複苅横葦漾
⇒港料(28gまでは80円)
書留料(420円)
で枌証明料金(差出時300円)
合計  1220円

☆文書は1枚増えるごとに250円加算されます。




a:5218 t:3 y:2

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional