悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

秘密証書遺言

秘密証書遺言  

秘密証書遺言は、遺言の内容を知られずに作成できる遺言書です。
ちょうど、自筆証書遺言公正証書遺言の中間に位置するようなものです

作成方法  

  • ^筝製颪鯔椰佑作成
  • 遺言書に署名、押印をして遺言書を封筒に入れて封印
  • 2人以上の証人を選んで公証人役場へ行く
  • ぞ攷佑料阿埜証人に遺言書を渡して、自分の遺言書であること、遺言者の氏名、住所を告げる
    ただし、遺言書を第三者に書いてもらったときは、筆者の名前と住所も述べる
  • ジ証人が封紙と呼ばれる紙に、年月日と誰の遺言書であるのかを記入
  • ι紙に遺言者、証人、公証人が署名、押印する
  • О筝製饉体を遺言者に渡してくれるので、それを保管

作成ポイント  

  • ^筝製颪虜鄒は自書でなくても可能
    ワープロ、代筆でも認められる。ただし、最後に署名押印すること。
  • 遺言書の封入、封印は必ず自分で行うこと
    封印は遺言書の押印で使ったものと同じ印を使用。
  • 8斥佞鬚靴磴戮襪海箸できない者でも作成可能
    この場合、通訳人が必要。公証人と証人の前で遺言書が自己のものであること、氏名、住所を通訳人の通訳で申述する。通訳人がいない場合は、封紙に自己のものであること、氏名、住所を自書すればいい。

メリット  

  • 遺言書の存在が明確になる(証人がいるので)
  • 遺言書の内容を知られることがない
  • 秘密証書遺言の方式に違反していた場合、通常は無効となるが、自筆証書遺言の方式があれば自筆証書遺言として有効。この場合は、遺言書自体が自筆証書の方式を満たしている場合のみ。文章がワープロで作られたものであったり、作成年月日がなければ無効な遺言書となる。

メリット  

  • 遺言書の内容自体に公証人が関わらないので、内容に不備があれば無効になる
  • 証人の決定をして、公証人役場へ行かなければいけない
  • 公証人に対しての手数料が必要
  • 遺言書発見後の検認が必要

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional