悪質商法に騙された、訪問販売で思わぬ高額の契約をさせられた。こうした対応にはプロの知恵を活用しましょう。

非嫡出子

嫡出子と非嫡出子  

嫡出子とは、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子を言います。
嫡出子は「推定される嫡出子」「推定されない嫡出子」に分類できます。

「推定される嫡出子」と「推定されない嫡出子」  

婚姻関係が解消された場合、実際に婚姻中に懐胎したか否かの立証は容易でないため、子の利益のために民法772条2項に嫡出子の推定規定を設けています。
嫡出性が推定された子は、「嫡出否認の訴え」によらない限り、父子関係を否定できません。

民法第772条(嫡出の推定)
1.妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
2.婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

<推定される嫡出子>
推定される嫡出子は、次の場合です。

  • 妻が婚姻中に懐胎した子供は、夫の子供と推定する。
  • 婚姻成立の日から200日を経過後または、婚姻解消の日から300日以内に生まれた子供は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

あくまでも推定であり、夫は子供が嫡出であることを否認できます。
但し、その場合は、夫が子の出生を知った時から1年以内に、子または親権を行う母に対し「嫡出否認の訴え」を行わねばなりません。(民法775条)

<推定されない嫡出子>
「できちゃった婚婚」のように、婚姻成立の日から200日以内に生まれた子は「推定される嫡出子」となれませんが、出生と同時に嫡出子の身分を取得する(推定されない嫡出子)と解するのが判例の立場です。

夫の子供であるとの推定をされないのです。
この場合、夫が自分の子でないと思えば、「親子関係不存在確認の訴え」をする必要があります。


非嫡出子  

非嫡出子とは、法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子をいいます。
(例)愛人との間に生まれた子

  • 認知されていれば相続権がありますが、法定相続分は嫡出子の半分です。
  • 認知がないと、相続人の資格が無いため、相続権は有りません。(民法900条)

(例)被相続人に配偶者と嫡出子1人、非嫡出子1人がいる場合

  • 配偶者が相続財産の1/2、
  • 嫡出子1/3、
  • 非嫡出子1/6

となります。


準正  

準正とは、非嫡出子が嫡出子の身分を取得することを言います。
出生時に非嫡出であっても、その後父母が婚姻すると準正により嫡出子の身分を取得します。

民法第789条(準正)
1.父が認知した子は、その父母の婚姻によって嫡出子の身分を取得する。
2.婚姻中父母が認知した子は、その認知の時から、嫡出子の身分を取得する。
3.前2項の規定は、子が既に死亡していた場合について準用する。

第1項を「婚姻準正」、第2項を「認知準正」と呼びます。


庶子と私生子(旧民法)  

昭和17年の民法改正前までは、「非嫡出子」を、

  • 認知されている場合は「庶子」
  • 認知されてない場合は「私生子」

と分類していました。
しかし、差別の原因になったため、その後は「非嫡出子」に統一されたのです。



a:5634 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional